読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本は人生のパートナーになる

人々の生きてきた足あとを辿りながら、自分の次の一歩を考えよう。

賢く「言い返す」技術 / 片田珠美

なんでも、悩みは人間関係からであると「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社 岸見一郎(著))でも言われている。

 

そんな中で「攻撃的な人・迷惑な人・「あの人」に」どう賢く言い返すかが具体的に書いてあってとても有効な書物です!

 

まずはタイプの分類

1.「王様」タイプ

周囲の人間に対して命令するような高圧的な口調で話す。

2.「裸の王様」タイプ

自分自身についての話ばかりする。過去に成し遂げたこと、評価されたことの自慢話を永遠とする。

3.「羨望」タイプ

グサッと胸に刺さるような鋭いいやみ、批判を言う。

4.「お子ちゃま」タイプ

思い通りにならないことがあると、子どものように怒ったり、すねたり、文句を言ったりする。

5.「悲劇のヒロイン」タイプ

グチやネガティブなことばかりを言い、”不幸な私"をアピールする。

6.「置き換え」タイプ

他人のごく小さな失敗、とるに足らないレベルのミスに、過剰なほど怒る。

7.「トラウマ」タイプ

こちらにまったく非がないことや、覚えのないことに対して怒ってくる。

理不尽で、何の脈略もない攻撃をしてくる。

8.「サディスト」タイプ

ひたすら暴力的な言動をとる。相手が「傷ついている」という反応をみせるまで、攻撃の手をゆるめない。

8つの分類の中に自分の身近な人で当てはまる人はいますか?

「攻撃する人ほど弱い人間」であることを知るとも書いてあるのですが、まさしくそうだと思います。

本当に強い人はべつに強さをアピールする必要性がないですからね。

か弱そうな爺さんが実は、武術に長けた爺さんだった、みたいなイメージです。

 

ほとけの一言

「あなたを嫌いになりたくないので、そんなこと言わないでください」

これはなんだか効きそう!

 

あえてほめてやる

「そんなことより、あなたのその服、素敵ね」

褒めて悪く思う人なんてそういない。

認められることが嬉しいのが人間なのであれば、褒めて褒めてほめまくるのは有効だと思う。

 

他にもたくさん書いてあるので、自分の思う「あの人」に効きそうな一言を探してみてください。